目的

 除染・廃棄物技術協議会では、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い放出された放射性物質のサイト外における除染及び廃棄物処理・処分技術に関して、会員企業間で関連する技術や実施事例等の共有を図り、より効率的かつ効果的な技術や施策の適用に資するとともに、会員企業が保有する技術・ノウハウ等をもとに除染と廃棄物の処理・処分の課題抽出と検討を行うことにより、政府及び市町村が実施する除染活動に積極的に貢献していくことを目的とします。
 また、より現実的で効果のある除染と廃棄物の処理・処分を進めていくため、その実施主体である国や地方自治体、あるいは研究機関等との情報交換、連携の場としても位置付けます。

 2011年11月から2016年8月まで、上記を目的として100社を超える企業が集まり、第一期から第五期の活動を行ってきました。2016年9月から2017年8月までを第六期として、新たに活動を進めていきます。