除染・廃棄物技術協議会では、会員企業有志によるワーキンググループを設置して、除染および廃棄物処理処分に関するさまざまな課題を、作業に携わる企業の視点から検討し、効果的・効率的な除染事業の実施に役立つ資料としてまとめるための活動を行っています。

これまでに、次のワーキンググループを設置し、検討を行ってきました。各ワーキンググループの活動概要やその成果は、以下のページからご覧ください。

ワーキンググループ(WG)一覧

線量評価WG
除染効果を評価するための線量評価方法の検討を行い、「除染効果測定のための放射線測定手引書」を作成しました。
ステークホルダーダイアログWG
除染事業の展開と住民帰還に向けて、福島においてどのようなステークホルダー・ダイアログを導入することが可能かを検討し、その枠組み提案に向けた検討を行いました。
焼却灰WG
廃棄物の焼却の結果生じる放射性物質を含む焼却灰の処理・処分方法について検討しました。
測定管理SWG
焼却施設の安全かつ効率的な運転への寄与を目的に、焼却プロセス全体の流れの中で活用可能な、放射線測定方法と測定機器に関する情報を収集し、とりまとめました。
処理の安全性WG
選別・焼却などの廃棄物処理・処分における安全性を確保するための技術を検討しました。
浄化土壌WG
除染で生じる大量の土壌の最適な処理を目的に、低放射能濃度の土壌の再生利用方法について検討しました。
放射線計測WG
除染で生じた除去土壌や廃棄物の処理に関連する放射線計測技術についての検討を行いました。
ロジスティクスマネジメントWG
除染等で発生した膨大な土壌及び廃棄物の運搬に関わるマネジメントについての検討を実施しました。
廃棄物関連WG
中間貯蔵施設に搬入される焼却灰や、中間貯蔵施設で発生する焼却灰(除染廃棄物の焼却灰)を対象に、焼却灰減容処理の効果検証及び技術開発戦略の策定を行いました。また、浜通り地域を中心に処理が滞っている廃棄物について、処理・リサイクルを促進し、福島県の復興につなげていくことを目的に、リサイクルセンターの設置・運営に係る検討を行いました。
減容・再生利用WG
中間貯蔵施設に貯蔵され、福島県外で最終処分する土壌等の量を極力減らすことを目的として、効率的な減容処理と、これに伴い発生する副産物を資材等として再生利用するための検討を行っています。
中間貯蔵施設維持管理WG
中間貯蔵施設の建設/運用/維持管理の各フェーズにおいて、とくに電離則や特措法、廃掃法の観点から、管理方針(管理区域の設定方針を含む)及び管理項目を整理・検討し、技術的課題を抽出・整理します。また、これに適用可能な技術の概要及び課題を抽出・整理し、会員企業が保有する技術をとりまとめた「技術集」を作成します。