浄化土壌WG

活動概要

除染で生じる大量の土壌の最適な処理を目的に、低放射能濃度の土壌の再生利用方法に関して検討しました。再生利用用途、仕様、対象土のサブワーキンググループを設置して、復興のための土木工事などにおける土壌の用途、工事に用いるための土壌の仕様、除染時に発生する除去土壌の放射能濃度別の量の推定と、再生利用を可能とするための分級・洗浄や選別などの技術について検討を行いました。