減容・再生利用WG

活動概要

中間貯蔵施設に貯蔵され、福島県外で最終処分する焼却灰等の量を極力減らすことを目的として、効率的な減容処理と、これに伴い発生する副産物を資材等として再生利用するための検討を行っています。次の五項目の検討を進めています。

1.処理フローの検討 (第五期)
2.技術の組み合わせによるメリットの効果の検討 (第五期)
3.再生土壌や焼成物の利用 (第六期)
4.処理コスト試算 (第七期以降)
5.濃縮物の安定化、保管に関する検討 (第七期以降)