第2回シンポジウム開催報告

除染・廃棄物技術協議会では、第2回のシンポジウムを、2013年10月22日、福島市のパルセいいざかで開催いたしました。


プログラム

日時:2013年10月22日(火)10:00~17:30
場所:パルセいいざか(福島市飯坂温泉観光会館)
     福島県福島市飯坂町字筑前27番地の1
主催:除染・廃棄物技術協議会
参加費:無料

内容:

【開会ご挨拶】 10:00~10:10

【講演】除染の加速と復興への取り組み(1) 10:10~12:10

講演1 「福島県における除染・廃棄物処理の進捗と課題 ―総点検を踏まえて―」
環境省 福島環境再生事務所 所長 関谷毅史氏
講演2 「福島県環境創造センターについて」
福島県 生活環境部 環境創造センター整備推進室 室長
 片寄久巳氏
講演3 「福島県の除染対策について」
福島県 生活環境部 除染対策課 課長 遠藤浩三氏

【昼食休憩】 12:10~13:00

【講演】除染の加速と復興への取り組み(2) 13:00~15:00

講演4 「原発事故に伴う全村避難から帰村のための除染と線量管理」
川内村 復興対策課除染係 係長 横田正義氏
講演5 「南相馬市の除染の状況について」
南相馬市 復興企画部 除染対策課 課長 羽山時夫氏
講演6 「福島県の環境回復推進に向けて」
日本原子力研究開発機構 福島技術本部 福島環境安全センター
環境回復推進グループ グループリーダー 浅妻新一郎氏

【コーヒーブレーク】 15:00~15:30

【協議会活動報告】 15:30~17:30

(1)除染・廃棄物技術協議会の活動の概要
佐藤 理(事務局)
(2)効率的な除染作業のための取り組み
・線量評価ワーキンググループ
大塚 誠(アトックス)
(3)住民の視点に立った環境回復実現への取り組み
・ステークホルダダイアログワーキンググループ
石橋陽一郎(日本エヌ・ユー・エス)
(4)除染に伴い発生する廃棄物の効率的で安全な処分への取り組み
・焼却灰ワーキンググループ
飛田 実(DOWA エコシステム)
・測定管理サブワーキンググループ
多田 誠(キャンベラジャパン)
質疑

【ポスターセッション】

(昼食休憩 12:10~13:00、コーヒーブレーク 15:00~15:30、終了後17:30~18:00)
●協議会会員企業による技術紹介ポスター(18:00まで掲示)


お問合せ先:除染・廃棄物技術協議会事務局
      (株式会社三菱総合研究所 科学・安全政策研究本部内)
      電話 :03-6705-6041
      メール:tacrwm2013mri.co.jp