RADIEX2014出展のご報告


除染・廃棄物技術協議会は、2014年9月24日~26日に行われた環境放射能除染対策・廃棄物処理国際展2014 (RADIEX2014)に出展いたしました。約300名近い方にブースを訪れていただきました。

併催のRADIEXフォーラムでは25日には、除染・廃棄物技術協議会が企画協力を行い、「中間貯蔵施設に関する技術展開について」と題したパネルディスカッションを行いました。協議会からは、佐藤氏(代表幹事・大成建設)、田澤氏(浄化土壌WGリーダー・清水建設)、押野氏(ロジスティクスマネジメントWGリーダー・鹿島建設)の三方にパネルディスカッションにご登壇いただき、中間貯蔵施設に関する技術紹介や、導入に向けた課題等について、学識経験者や環境省担当者を交えた議論を行いました。

会員各位のご協力に感謝いたしますとともに、協議会へのご関心を寄せてくださった来場者の皆様に御礼申し上げます。

なお、協議会のブースに掲示しましたポスターを以下からダウンロードできます。ご来場いただけなかった方も、ぜひご参照ください。


2014年10月
除染・廃棄物技術協議会事務局

  1. 除染・廃棄物技術協議会とは
  2. 会員企業名一覧
  3. 設立目的・活動内容等
  4. 浄化土壌WG活動概要
  5. ロジスティクスマネジメントWG活動概要
  6. 放射線計測WG


展示ブースの様子

除染・廃棄物技術協議会の展示ブース

RADIEX2013出展のご報告はこちら